MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【ケーススタディ】株式会社栄光のWebブランディング(後編)

2007/07/27 10:00

前回は、株式会社栄光(以下、栄光)の、もっとも重要なブランド資産として7つの属性を抽出したところまでをお話ししました。今回は、そこから栄光のブランドアイデンティティの策定までどのように進めて行ったかというところについて紹介します。

ターゲット側からはどう見えるのか?

 最初に行ったのは、先に抽出された7つの属性が、栄光ブランドのターゲット(=栄光ブランドを訴求したい人)に対して、どのような便益を提供するのかの考察です。栄光側で、肯定的、望ましいと考えて抽出した属性ですが、ターゲット側から見たときにはどのように映るのか? ターゲットにとって意味のあるものなか? と言ったことを考えるわけです。

 このフェーズでは、7つの属性それぞれが、ターゲットにとって、どういう便益を提供できるのか、機能的、情緒的、自己表現的という3つの観点から分析しました。

3つの観点からの分析

 ステップ1で抽出された栄光ブランドの属性のひとつに「多様性がある」というものがありますが、これを例にとって説明すると、以下のようになります。

便益の階層分析

 プロジェクトでは、その他6つの属性についても、便益の階層分析を行いました。下記がその結果です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5