MarkeZine(マーケジン)

記事種別

応募総数30万件!Twitterのキャンペーンに手を付けてこなかったアットホームが成果を出せた理由

2019/08/22 11:00

 不動産情報の総合サイトを運営するアットホームが、Twitterの公式アカウントの活性化、新規顧客へのアプローチを目的にインスタントウィンを導入。繁忙期のリーチ拡大に重点を置いた施策で、応募総数30万件と想定以上の成果を得た。インスタントウィン導入の背景や運用のポイントを、アットホームの松井 優紀氏と、導入支援を行ったユニークビジョンの髙橋 涼太氏に伺った。

目次

繁忙期に拡散性、スピード感活かしたキャンペーンを

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回インスタントウィンを活用したキャンペーンを行ったとのことですが、それまでTwitterはどのように活用していたのでしょうか。

松井:Twitterは利用者と気軽にコミュニケーションできるのが利点だと思います。ただ、不動産の場合、顧客と恒常的にやり取りするケースは多くありません。引っ越しや家を買うという行為は、頻繁に行うものではないので。

アットホーム株式会社 マーケティングコミュニケーション部 プロモーション推進室 コンシューマコミュニケーショングループ 松井 優紀氏
アットホーム株式会社 マーケティングコミュニケーション部
プロモーション推進室 コンシューマコミュニケーショングループ 松井 優紀氏

 そのため、顧客とつながりを持ち、継続的なコミュニケーションを取っても、正直費用対効果が合わないと考えていました。SNS活用に対する社内での優先度も低かったですね。公式アカウントの運用に関しても広報部署が担当しており、私たちの部署からSNSに関する取り組みを行ったことはほとんどありませんでした。

MZ:これまで松井さんの部署では、そこまでSNSに注力してこなかったとのことですが、なぜ今回インスタントウィンの実施に至ったのでしょうか。

松井:繁忙期のリーチを最大化させるためです。賃貸の繁忙期は1~3月。その期間中にアットホームを想起していただける方を増やしたいと考えました。そして今回、Twitterでインスタントウィンを行うことにしたのは「拡散性」「当落がすぐにわかるスピード感」の2点に魅力を感じたからです。

インスタントウィンとこれまでのキャンペーンの違い

MZ:これまでのキャンペーンとインスタントウィンの違いはありますか。

松井:これまでもデジタル上ではプレゼントキャンペーンを行ってきました。ただ、Webサイトの応募フォームへの誘導がほとんどで、SNSをメインに実施したことはありませんでした。

 そして、インスタントウィンとこれまでのプレゼントキャンペーンとの違いですが、先ほどお伝えした拡散性と当落がすぐにわかるスピード感に加えて、当落結果の前にアットホームの動画広告を見ていただける点は違うと思いました。

 普通の動画広告を視聴完了していただくのも難しくなっている中で、インスタントウィンであれば、動画視聴のあとに当落の結果を出すといった工夫をすれば、高確率で最後までコンテンツを見ていただけます。

MZ:インスタントウィンの特性を活かせば、Twitter利用者に動画を見てもらえてリーチも取れるということですね。今回アットホームに導入支援を行ったユニークビジョンの髙橋さんにお聞きしますが、他の企業でもインスタントウィンのニーズは高まっているのでしょうか。

髙橋:はい、インスタントウィンに関するお問い合わせや、ご実施いただく企業は年々増えています。通常の広告、キャンペーンの効果に限界を感じている企業からのご相談が多く、Twitter利用者が自発的に参加、拡散してくれる仕組みに魅力を感じていただいています。

ユニークビジョン株式会社 ディレクター/広報 髙橋 涼太氏
ユニークビジョン株式会社 ディレクター/広報 髙橋 涼太氏

松井:私自身も、個人的にTwitterを使う中で他社のインスタントウィンに参加したこともありますし、いい手段だと感じていました。

 そして、インスタントウィンを実施すると決めてから、支援先を探している中で、とあるイベントでブース出展されているユニークビジョンさんと出会い、提案を受ける中で導入支援いただくことに決めました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5