MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通デジタル、アドビ、マイクロソフトの技術を集結!カスタマージャーニーの自動最適化でPDCAを加速

2019/08/22 10:00

 AIの活用によるデジタルマーケティングの精緻化・効率化への期待は高まる一方、いまだ具体的な活用イメージを描けていない企業も多いのではないだろうか。そのような中、電通デジタルは、アドビが提供するデジタルエクスペリエンスソリューション「Adobe Experience Cloud」とマイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」を連携し、カスタマージャーニーを自動最適化するAIを活用したソリューションを開発した。本記事では同社の住岡洋光氏と森一真氏が、同ソリューションの強みとともに、デジタルマーケティング領域におけるAI活用のポイントを語った。

目次

1年以内に実装したいマーケティングテクノロジー、第1位はAI

(左)株式会社電通デジタル データ/テクノロジー部門 ソリューションディベロップメント事業部長 住岡洋光氏 (右)同社 同部門 ソリューションアーキテクト事業部 デジタルイノベーショングループ シニアコンサルタント 森一真氏
(左)株式会社電通デジタル データ/テクノロジー部門 ソリューションディベロップメント事業部長 住岡洋光氏
(右)同社 同部門 ソリューションアーキテクト事業部 デジタルイノベーショングループ
シニアコンサルタント 森一真氏

――まず、AIのビジネス活用について現状を教えてください。

住岡:まだまだビジネス面では活用しきれていないのが実状です。IT・システム部門における業務効率化は少しずつ進んでいるのですが、マーケティング部門は手付かずのところが多いようです

 ただAIに対する期待は高く、私たちが2018年12月に発表した「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング 2018年度調査」では、今後1年以内に実装したいマーケティングテクノロジーについて聞いたところ、AIという回答が圧倒的に多かったのです。「どのように使えばいいかわからないけれど、活用したい」という状況なのではないでしょうか。

今後1年以内に実装したいマーケティングテクノロジー(「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング 2018年度調査」より)
今後1年以内に実装したいマーケティングテクノロジー
(「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング 2018年度調査」より)

森:顧客行動もチャネルも多様化し、カスタマージャーニーが複雑化している中で、マーケティング担当者の負担は大きくなっています。そういった背景からもAIへの期待は高まっていますね。しかし、AIといえばアルゴリズムやシステムなどの技術的な部分がフォーカスされがちで、企業のマーケティング課題を解決するための具体的な使い方という点では、まだ限られた前例しかない、というのが実情です。

 そのため、「AIを使って具体的なマーケティング課題を解決し、投資対効果を得る」という点が企業の中で現実味をもって語られておらず、漠然とした期待だけが先行していると考えています。

AIが得意な仕事は「重要な要素の発見」と「データのセグメント化」

――ではAIが解決できる課題というのは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

住岡:AIが得意なのは、目的を達成するために何が重要な要素なのかをすぐに発見し、定量化することです。目的さえ人間側でしっかり設定できれば、AIがすぐに答えを発見してくれます。

 たとえば、顧客の行動データを分析した結果コンバージョンに最も寄与した行動は何か。より具体的には、ゴールデンパスと呼ばれる「顧客がどのような順序で回遊した際に最もコンバージョンの期待値が高まるのか」ということを、定量的に表すことができます。

森:もう一つの得意領域として挙げられるのが、データのセグメント化です。顧客の属性や行動データから、共通項をもつ顧客同士を自動的にセグメント化し、代表的な特徴を可視化するところまでを網羅します。そうやって抽出されたセグメントに対し、どのような施策を考えるのかが人間の役割ですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5