MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Teads、パブリッシャー向けエンタープライズスイート発表 DMPやクリエイティブ最適化ツール等統合

2019/09/20 13:10

 Teadsは、「Teads for Publishers : エンタープライズスイート(以下、TFP)」を発表した。TFPは、パブリッシャーに対して、動画およびディスプレイフォーマットでのクリエイティブ制作を可能とするTeadsStudioを技術開放し、制作したクリエイティブを同エンタープライズスイート上にて広告販売できるようにするプラットフォーム。

 メディアの運営者が広告在庫を拡大し、収益を増やすことができるように設計されており、プレミアムでブランドセーフな広告体験をユーザーへ提供することが可能だという。

 具体的には、アドサーバーとサプライサイドプラットフォーム(SSP)の機能拡張としてTFPの提供を開始する。パブリッシャーは自社のプライベートマーケットプレイス(PMP)上でディールIDを通じ、純広告またはDSPを介してTeadsのinReadフォーマットを販売できるようになる。

 なお、TFPには以下の4つの特徴があるという。

1. Teads PredictiveAI(プリディクティブAI)

 TFPを通じて、パブリッシャーはTeadsのAIが搭載されたアルゴリズムで広告の収益を最大化できる。KPIを達成する可能性をリアルタイムで予測し、ユーザーに最適化された効果の高い広告を配信するために、ユーザー・記事・広告内のデータからコンテキストを逐次読解しPDCAを繰り返す。AIは、パブリッシャーインベントリーを効率的に運用し、CPM(vCPM)、CPCVモデルをパブリッシャー向けに展開する。

2. Teads Studio(スタジオ)

 パブリッシャーは、セルフサービスツールとしてTeadsStudioにアクセスし広告クリエイティブを最適化できる。TeadsStudioは、既存のアセットを活かし、広告をパーソナライズするように設計されており、インタラクティブな要素を取りいれることで、キャンペーンのエンゲージメントを強化できる。

3. Teads Audiences(オーディエンス)

 Teadsのデータマネジメントプラットフォーム(DMP)の活用が可能となる。パブリッシャーのファーストパーティデータとTeadsのファーストパーティデータのインテグレーションにより、精度の高い広告運用を実現する。

4. Teads Premium Ad Experiences(プレミアムアドエクスペリエンス)

 パブリッシャーは、ビデオとディスプレイの両方で、TeadsのinReadフォーマットの販売が可能。inReadフォーマットには、モバイル環境に最適化されたランドスケープ、スクエア、バーティカル、インタースクローラー等のフォーマットがある。

【関連記事】
Teads、ビューアビリティ100%保証型の広告買い付けモデルを開始 オラクルの「MOAT」と連携
新規訪問者のみを課金対象に!Teads Japan、「Teads True Visits」をローンチ
ゆうこす、サイバーエージェントの期間限定クリエイティブディレクターに就任
インフォデックスの広告クリエイティブサービス、心理タイプ別のターゲティング配信が可能に
Kaizen Platform、インスタの動画広告クリエイティブを4hで制作するプログラムを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5